“こまクリ”の院長に昼が来た!

午前の外来と午後の外来の間は雑用と休息の時間。お弁当のない日はパン屋さんかコンビニか外食になります。以前、淡路島カレーのバリエーションを紹介しました。南草津でお店が入れ替わっていくなか、ずっと同じところで営業を続けているのがこの「得得うどん」です。なぜ潰れないのか、30年ぶりに食べに行きました。注文したのは豚菜麺。人気のメニューとのことでした。太めの腰のあるうどんですが、スープはスパイシーでラーメンのスープのようでした。時代とともに変化しながらしっかり胃袋を掴んでいるのが伺えました。1玉でも2玉でも3玉でも値段は同じという点は30年経っても変わりません。近くで働いている人や老夫婦などで混み合っていました。全国のチェーン店と思いGoogleで調べたら京都、大阪、滋賀にしかありませんでした。駅から徒歩5分ですので車でなくても食べに行けます。